• トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

楠を製材しました。

楠皮むき
楠皮むき
楠桟積み
楠桟積み

今年の初め近所のお寺で楠を伐採することになり、

大きな木だったので譲って頂き、昨日製材してきました。

 

楠は近くに行くだけでスーッとする匂いがしますが

これは樟脳の成分によるものです。

楠のチップを水蒸気蒸留すると樟脳が取れるそうです。

箪笥の中に入れて虫除けに使うそうです。

 

楠で洋服の引き出しを作ると虫除けになりそうですね。

 

以前洋服ダンスをお客様の要望で楠で作ったこともあります。

 

原木を製材すると皮をむいて板と板の間に木を挟んで

風通しを良くして自然乾燥します。 (桟積み作業と呼びます)

昔から一分一月といって3ミリで一ヶ月乾燥するそうです。

21ミリ(7分)の板なので7ヶ月は最低乾燥します。

たぶん何年もこのまま保存することになると思いますが・・・

 

暑い中川口君と二人で約2時間汗びっしょりになって作業しました。

綺麗に積み終ると始める前の憂鬱な気分はなくなり

とても晴れやかな気分でした。

いまでも工房は楠の匂いでいっぱいです。

 

伐採から見届けた大切な木です。

次の命を吹き込むまで静かに置いておきます。