• トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

宝塚のオーダーキッチン

昨年の秋、宝塚にお住いのお客様からオーダーキッチンのご相談がありました。


今は宝塚ですが、ご出身はKitoBitoから30分ほどのとても近い所で

共通の知り合いまでいてホームページで見つけてくださったのに

つながりもあり、とても親近感を持つことができました。


何より奥さまのちょっと憎めない、クスッとしてしまうようなキャラに

僕たちは虜になってしまいました。


ご夫婦とも建築にとても詳しく、

又将来の暮らし方にもとてもよく考えていらっしゃったので

好みのスタイルや、使いかた、キッチンを通しての家族との触れ合い方など

とても明確で話すうちに自然と方向性が理解しあえました。


お若いご家族ですから僕たちがお伝えできる経験も少し加えながら

とても楽しい打ち合わせでした。

又、キッチン以外でも建築とキッチンがマッチするよう色んな相談を頂き

信頼関係が日に日に増したような気がします。


この度作らせていただいたキッチンはいつものように木の表情を前面に出すのではなく

木の温かみは残しつつ全体の統一感としてチークで作ったオリジナルのつまみを配置しました。

材料は全て無垢で作ると気が主張しすぎるので、突板合板の楢材の柾目を使いました。

木の良さは理解しつつも全体の雰囲気の大切にした突板合板の選択でした。






アイランドキッチンはサイドからも使えるよう小さな収納がついています。

小さなスペースまで有効に使えるように工夫が盛りだくさんです。


玄関収納も作りました。

こちらも楢の柾目を使い、つまみを表情として生かしています。


つまみは今回に合わせて何個も作り、お客様に触ってもらい

一番しっくりくるものを選んでいただきました。

これがきっかけで木のつまみを作る楽しさに目覚めてしまいました。


背の高い収納の戸の内側に姿見を付けています。

お出かけ前の身だしなみに役に立つでしょうね。

うちにもこんな所が欲しいです。


今回の写真はどれも設置が済んだばかりの物なので

暮らしの様子は伺えないのがとても残念です。

近いうちにまた伺って今の暮らしをいろいろお聞きしたいです。

その時はもっと素敵な写真が撮れそうですね。


宝塚は意外と近くて車で2時間ほどでした。

何度も何度も通ったので宝塚がとても身近な街になりました。

それに歌劇団の方も時々拝見しましたよ。