• トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

新作のソファー

今回のソファーは気持ちの良い座り心地を求めて製作前のデザインにとても時間をかけました。

デザインといっても形のことではなく座り心地です。


まず、クッションの生地探しです。


市販の椅子用の生地では布自体の存在感が少なく欲しいものがありませんでした。

悩んだ結果マフラーを編んでいる岡さんに相談すると

いろんな素材や人を紹介してくださりました。

その中でも、布の専門家という分島さんはピタッとくる生地を提案してくれました。

それが今回の柔道着です。

厚くて、丈夫で、ワッフルのような立体感があって

見せていただいた瞬間にほれ込みました。

オフィシャル用の生地なので綿もいいものを使い

洗うたびに柔らかくなってガンガン使えそうです。


次は色です。


白もかっこいいのですが出来れば染めたい

既に頭の中にあったのは藍かジーンズ。

選んだのは色落ちの少い児島のジーンズ。

インディゴブルーです。

端切れで染色試験で色を決めた後、本染をして今回の色になりました。

さすがのジーンズの児島です。


岡山は繊維産業が盛んだった時代もあり

布についてまだまだ力のある土地です。

せっかくの地元岡山をもっと生かしていければと思いました。


最後にクッションの中身です。


目標は

沈み込みはあるけど粘りと反発力もあって

体を包み込むようなふんわり感。


何度もウレタンの組み合わせと綿のボリューム感を試しました。

それに付き合ってくれた香織さんには本当に感謝しています。


沢山の方の協力があって出来たこだわりのクッションは

本当に良いものになりました。


お客様にもとても喜んでいただけて本当に良かった。


そして、この経験を定番のソファーとして世に出していけるように

もう少し時間をかけてグレードアップしていきます。


ショールームに展示して皆さんに試してもらえる日を目指してもう少しこだわります。