• トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

既製品ではなく、自分らしさを尊重して。

最近の仕事の一つから。トイレに手洗いカウンターを設置・取り付けました。以前からお世話になっているお客様のお家です。お客様が気に入った器をアンティークショップで探し、それをトイレの手洗いに使いました。トイレの手洗い器は、遊び心が出しやすい場所ですね。洗面所とは違い、ばしゃばしゃと水がかかる所でもないので、時々カフェやお食事処で、個性を出した手洗い器を使っているのを見かけます。こんな風に、個人の家でも、既製品の中で選ばない選択をすると、自分らしさを表現しやすい場所になるんです。小さな空間だからこそ、気持ちよく過ごせる場所になったら嬉しいですよね。実は我が家のトイレ、木の手洗い器を漆塗りにしました。それも我が家らしさが出ているんだと思います。

ここは器に合わせて、「和」の雰囲気を出したかったので、木の皮目を見せました。季節のお花も活けていて、いい空間でした。小さな空間を大切にしたい方は、ぜひ参考になさってください。