• トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

初めての挑戦でした。

いつも思うのが、同じタイプのキッチンを作ると効率が良くて、きちんとそれなりに売り上げにもつながるという事。しかし、同じキッチンをつくっていると、「オーダーキッチンのKitoBito」とも外れてくるような気がしてしまう。そして何よりも、新しいことに挑戦することが苦しくて、楽しい…とても矛盾しているのですが、気持ちの問題なのでしょうがないような気がしています。苦しくて、楽しい。ってこと皆さんもあるでしょう?できなくて、できなくて苦しんで苦しんで、それでも、できていく過程や出来上がった時の姿が嬉しくて結局楽しかったってことが。

今回は、複雑なことだったのに、それをいかにシンプルに見せるかにこだわったので、どうしたらいいのか、悩んで悩んで苦しんで… 何度も図面を作り替えて、やっとシンプルにきれいな収まりになる答えのようなものが、図面に描けたときがまず満足に包まれました。最終的に、形になったとき、あの苦しみが本当は形になって表れてほしいのに、いかにシンプルに見せるかにこだわったかいがあり、シンプルにでき上ったので、苦しんだ姿は、ひとつも見えない姿のキッチンができ上りました。

いったい、何がいいたいのかわからなくなってしまったのですが、出来上がったキッチン、お客様にとても喜んでいただけたので、それが嬉しくて嬉しくて苦労もどこかに行ってしまったのでした。そして、このKitoBitoでは初めての挑戦のタイルの背中が可愛くて、この写真を何度も眺めてしまうのでした。