節有ナラフローリング完成

とうとうフローリングも完成しています。材料はどうしよう、といくらか悩んだのですが、最終的に節のあるナラ材にしてもらいました。ナラ材かオーク材か、もしくはブラックチェリーやウォールナットも含めて、何が一番良いのか悩みました。何の材料になるにしても、無垢材・オイル塗装という選択肢から外れることはなかったです。本当は、ベリーのためには柔らかい材料の方が良いに違いないと思いつつ、 ナラに決定です。

一般的に、オークと言っても産地によって違いがあり、時には、ナラもオークもほとんど一緒ということも聞くのですが、実際には違うのです。見本板を見て、色といい目の感じといい並べると違いを感じます。、やはりナラ材が私たちの求めている床材だと認識しました。価格としては、ナラの方が高いのですが、節があるのは良しとして、短尺ものも良しとして、そうすると価格の差も若干抑えることができるので、この板を選びました。

今は、少し賑やかに見えますが、そのうち経年変化で落ち着いた色になっていくと思います。それにしても、念願のフローリングになって、嬉しい限りです。

壁は、最近ではあまり多くない、真壁です。大壁はすっきりとみえるのが利点ですが、真壁の良さは、こうゆうときに発揮されます。ここの壁は二種類の珪藻土で塗られています。白色とクリーム色もあります。それを可能にしてくれているのが真壁なんです。柱で仕切られているので、この面が汚れたから『この面だけ』またきれいに塗りなおそう、ができるのです。白壁のイメージのキッチンだから、ここは白の珪藻土、ができるのです。今回は、汚れているところを3面だけ、残っていた珪藻土を塗りました。灰汁止めにシーラー(下塗り材)を塗ってから、珪藻土を塗ったのですが、灰汁の少し黄色いムラがでてしまいました。ちょっと残念。いつもは、ちゃんと専用下地材を塗っています。それを、はしょったのが失敗でした。残念!

ここまでやっとできました。外の柱の塗装も、7割完了しています。あとは、玄関。少し小ぶりで控えめな玄関になる予定です。

秋になって涼しくなったので、ここまでの労をねぎらい、家でポロポロケーキを焼き、おやつにいただきました。中の果物は、スパイス入りシロップ漬けのブドウです。このアリムナさんが作ったこのシロップ漬けのブドウが美味しくて!文女さんのレシピのポロポロケーキは我が家の人気のおやつですよ。