フローリングにして

ナラのフローリングにして良かったことといえば、無垢のキッチンや家具との相性です。今までの床と比較するとずいぶん、普通の家っぽくなりましたが、その普通の家を想定したこの場所であるべきという、判断は正しかったのだと思います。靴を脱いでいただくことも、普通の家を想定したこと。足の裏での感覚も、以前の基礎の上に直接タイルを貼ったようなのとは、ずいぶん違います。断熱材を足して、フローリングをはったので、足の歩き心地がとっても優しいんですよね。普通の家のあたりまえが、ここでは当たり前じゃなくて、やっと当たり前になったのです。それすら、とっても嬉しいこと。

その反対に、困ったことが起きました。ある程度想定していたのですが、室内犬のベリーは滑ってしまうのです。これでは腰に負担が来るので、どうしよう…という具合です。何か良い方法はないか、模索したところ、「Grip Oil/滑り止めオイル」なるものを見つけました。さっそくサンプルを取り寄せると、たしかに滑りにくい。サンプルを塗った場所は、乾くのに何日もかかってしまったのですが、乾いてしまいその上をスリッパで歩くと、すごくグリップが効いているという感じでした。ちょっと効きすぎかな?と思われたのですが、それも日に日に落ち着いてくるようです。艶無しの方が良かったのですが、艶があるのしかないようです。しかし、犬の腰の負担には、艶ありとか、艶無しとか言っている場合ではありません。早速購入したのですが、乾くのに日数がかかります。こうなったら、お正月前にすべてこのオイルを塗ってみます。可愛いベリーのためなら、一生懸命になりますよ!上手くいきますように!