靴を脱いでもらうこと

KitoBitoでは靴を脱いでいただいています。それは、普通の家を想定しているから。靴を履いたままで、キッチンに立つことは日本ではほぼないに等しいから。家の中と、同じような目線で見てもらい、感じてもらい、使ってもらいたいから。ここを建てたとき、設計士さんからは、店は靴を脱がない方が、お客さんが入りやすい、とアドバイスしてもらったのですが、そこは譲らず今に至って靴を脱いでいただいています。ブーツを履いてきた方には申し訳ないなと思いつつも、続けています。だから普通の家を想定できる、念願のフローリングにできたことが嬉しいんです。