Kaze cherry version

木のオーダーキッチン

シンプルキッチンKaze 山桜バージョン 

オーダーキッチン 無垢オーダーキッチン 造作キッチン

オーク材のKaze Itoshima ver.ですが、その山桜材バージョンのキッチンができました。オーク材と比較すると、木の色や木目の雰囲気で穏やかなぬくもりを感じます。Itoshima ver.にあるカウンター部分のせり出しが浅かったので、今回は脚を無しにしてすっきりさせました。石入り白色の人造大理石にしたので、それも併せてKaze Itoshima ver.とずいぶん雰囲気が変わってきました。

木のキッチン

温もりのある色・質感の珪藻土を使われる「息吹木の家」で建てられる家のキッチンということや、使い手であるお客様のほんわかとした優しく穏やかな表情を思い浮かべると、この形が一番似合うのではないかと思い提案をしました。当初から、山桜材がいいですね、と言われていたので、ぴったりではないかと勝手に想像しての提案でした。

造作キッチン

納品したばかりの山桜の色は、個体差を感じます。一本一本の木が育つ環境で色の差がうまれます。それぞれの持つ表情に無垢材の面白さがあります。経年変化でだんだん色も安定してきて、隣り合う木の色に近づいてきて差が分かりにくくなってくるので、その変化も楽しんでください。

キッチンサイドのコンセント  キッチンサイドの照明スイッチ
キッチンのサイドにコンセントや照明のスイッチを入れると便利。

あえて…コンロ下の引き出しの隙間を開けています。ちょっと濡れている鍋をしまっても、湿気がこもらないように。コンロ下の引き出しの隙間はお客様によってさまざまな要求があります。壁付けキッチンの場合はよく見えるので、見えること優先しての提案をしますが、アイランドやペニンシュラキッチンの場合は、使い勝手を優先します。そしてリビング側はデザインを優先にして、そこには、特に美しい板を選びました。

コンロ下の収納は、上の段はステンレスパイプ。ご希望を聞いて決定しました。

ブリックタイルはお客様自身で施工。これは息吹木の家では、もうお馴染みのスタイルです。家づくりに参加して楽しまれています。


引出の包丁の収納は、こうすることが多いです。

優れもののKEYUCAのダストボックス。ペダルを踏むと、フタが両開きで開くのでシンク下の高さを無駄に必要としません。しかも各種サイズが揃っていて、ステンレス製の有名メーカーの商品よりは価格的にも購入しやすいです。

コンロ横に引出にもできないくらいな微妙なスペースが開いてしまったので、ラップ類の収納にしてもらいました。

コンロは、スーパーラジエントヒーター(エムエフジー㈱)です。IHと比較すると電磁波の影響が少ない商品。KitoBitoでも他社の商品ですが、ラジエントヒーターを使っています。慣れるととても使い勝手の良いコンロなので、気に入っています。


忙しい生活の中で過ごすことになるご家族にお勧めするのが、アイランドキッチンの横にテーブルを配置するこのレイアウト。なんといっても動線が良いです。そして食事を作りながらも子供たちの様子も手に取るようによく見えるので安心です。


  • 【参考】
    • 住宅設計施工:息吹木の家(岡山県津山市)
    • ペニンシュラキッチン:W2550 × D850 × H850  
    • 山桜無垢材オイル塗装
    • キッチン天板:人造大理石
    • 食器洗い機:リンナイ
    • 水栓:TOTO
    • レンジフード:
    • コンロ:SUPER RADIANT HEATER / エムエフジー
    • 目安となる価格 約¥850,000(設備費用・設置費用・消費税を除く)*材料価格の変動によりこの価格も変わります。

参考になるキッチン