• トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

oval coffee-table

素材の組み合わせが優しく、小さくて可愛いコーヒーテーブルに愛着を感じさせてくれます。

ゆるくカーブした天板と鉄製の脚と籐の組み合わせ

私たちの作っているカウンタースツールの座面とちょうど同じような天板のコーヒーテーブルです。ソファーの隣に、小ぶりの小さなテーブルを置いて、コーヒーを置いたり、読みかけの本を置いたりしたいという要望からできたこのテーブル。

 

可愛らしさと、美しさを併せ持つにはどうしたらいいのか、試行錯誤して、きれいな形を作り上げることができました。 



写真の天板の材料はブラックチェリーを使っています。短時間で深みを増してくる材です。読みかけの本をちょっと置いておく場所に、茶色の皮籐を編み込みました。これがポイントになったoval coffee-tableです。脚には鉄を使って、繊細さを出しました。



全体的に上品に仕上げるため、天板を薄く見せることにしました。そのために天板の裏を斜めに鉋掛けをしています。今回は、楕円(oval)の大きさのバランスを見るために、2種類の天板を作り上げました。皮籐をどのように張るかで雰囲気もずいぶんと違うものです。一番最初に編み上げたときは、実は、楕円の天板とアンバランスで、どうしたら良いのか、何が違うのかと模索しました。


脚を変えるのでもなく、編み方・編み込みの分量を変えたことにより、バランスが格段と良くなりました。しかし、2枚大きさの違う天板のどちらが良いのか、私たちで決めることはできず,結局お客様に選んでもらうことを選択したのです。


右上の写真で見ても、実物を見ても、第一印象で感じたことは、揺るぎないものでした。すぐに決めて頂くことができ、私たちも納得することができたのです。


少し前に収めたテレビボードも同じブラックチェリーを使いました。色がずいぶんと濃くなっていました。

このコーヒーテーブルも鉄と茶色の皮籐に似合う色への、変化が楽しみです。


oval coffee-table

 

参考価格 ¥40,000(税抜) 

  • 材料:ブラックチェリー無垢材・皮籐・鉄
  • 本体はクリアーオイル仕上げ        
  • 幅 600×400  高さ 450 (㎜)
  • 運搬費は含まれていません。

Back to テーブル