• トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

The table

The table  釘を使わず組み上げたテーブル 

厚みのある天板は使う人に喜びを与えてくれます。気に入ったテーブルで食べる食事はかけがえのないものを運んできてくれます。

100年使ってほしい本物のテーブル

釘を使わずに組んだ重厚感のあるテーブルです。天板の表面をさわるとその天板の厚みからくる平面の気持ちの良さを知ることになります。しっかりと構えた脚は、天板に負けることのない重厚感を感じます。ホゾ組の美しさと、丸みの帯びた部分は日本の昔からの建築のようです。まさに板の美しさと職人の技の融合されたKitoBitoでの『The table』なのです。無垢でつくられたテーブルは、メンテナンスをきちんと行い大切に使ってもらうと、味わいを増しながら長い時間を家族と過ごしていくことができます。そして、このテーブルは長い年月をかけて育った木を材料として使うため、さらに永く何世代にもわたり使えるテーブルとなると思います。


釘を使わず組み上げたテーブルです。

この写真に収めたテーブルは実は古材で作っています。目が細かくて美しい古材と運命的な出会いがあり手に入れることができたのです。以前から頼まれていたテーブルに絶対この板を使おうと見た瞬間に思えたのです。古材とは、古い家を解体した時に出てくる素材なので、運が良ければ出会える素材なのです。もちろん、新しい素材も良い素材との出会いは、運命的なものだと思っていますが。

私たちは、古材を鉋をかけて美しく仕上げます。今まで使われていた表面の下には、長い年月を共に過ごした新しい表面が待ってくれています。この美しさは、新しい素材には最初からはない深い色に既に変化しているのです。この面が見えた時には、皆の顔が一様に変化に驚きびっくりした顔に変わります。


希望する天板の長さより、少し短めの板でした。

古材ならではのホゾの跡がありました。これをどう活かそうか、とても楽しみな瞬間です。


古材でまかなえるほど脚の部分はなかったので、新しい材料を使います。分厚い材料が必要です。

天板の裏側に、台形の溝を掘ります。そこに台形に加工したホゾを入れていきます。蟻桟(ありざん)と呼ばれる工法です。これは天板の反り止めとなります。無垢の板は、乾燥や湿度で板が反ったり動いたりするので、これを最小限にさせるための方法です。時間をかけて入れていくため、ここで止められていました。短かった板はハシバミという工法で長くなっていました。反り止めにもなる方法です。


The tableについて

  • 参考価格:¥350,000 (税別)から 
  • 材料・大きさで価格が変わります。また材料を購入するタイミングでも価格が変わります。ご了承ください。 
  • 本体材料:ナラ、桜など。タイミングにより古材の使用も可能ですが、こればかりはご縁の問題だと思います。
  • 仕上げ:クリアオイル(着色はいたしません)
  • サイズ(㎜):680×2030×H700 写真のテーブルの大きさです。古材でとれる天板の大きさになりました。
  • 大きさ:ご希望に沿います。
  • 厚み・接ぎ枚数:私たちにお任せください。
  • クリアオイルで仕上げていますので、メンテナンスをご家庭で定期的に行ってください。また写真の色と実物の色は、多少違います。材料一つ一つは育った環境などで色の違いや目の違いがあります。ある程度はサンプルで確認することもできますので、お申し付けください。
  • 運送費は含まれていません。

無垢の木のテーブルを育ててください。

無垢の木を使用しますので、天板の色合いや木目は、育った環境により、ひとつひとつ違いがあります。それが個性となり、自分だけのものになります。定期的に、お手入れをしてあげることにより、しっとりと良い色へと年々変化してきます。また汚れや水にも強くしてあげれます。多少なりとも入った傷は、年月が経つにつれ、よい味へと変化してきます。お手入れをしてあげて、大切に育ててください。



The tableアルバム

このテーブルができたら、このテーブルでワインの会をしたい。そう何度も何度もお願いしていたら、本当にワインの会を開催してくれました。美味しい食事とワイン、尊敬する山本さんの岩井窯の器と、いつも新しい刺激をくれる友人との果てしない会話、そして笑顔。このテーブルが運んでくれた時間に感謝した夜でした。実は、岩井窯の山本教行さんがこのテーブルをデザインしてくださっています。

ウレシイカベ & cafe multipa   cafe multipaでこのテーブルを見ることができます。カフェの営業日は金曜、土曜 不定期 12時ー16時 お食事は予約のみ。お電話でご確認ください。