• トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

小さなジャムやさん

同じ町内に小さなジャムやさんがオープンいたしました。季節の果物の味にちょっとだけ魔法をかけたようなジャムの味に魅了されて、各地から注文が舞い込むほど。そして私たちも、今まで食べたことのないような味の組み合わせに驚き、ジャムやさんのイマジネーションに魅了されています。初めての『kitchen × 旅』は、”アリムナ”という小さなジャムやさんのお店のキッチンにおじゃましました。

こちらの家は、中古のものを購入してリノベーションをされています。最初を知らないのですが、設計士の方のセンスの良さとお店のセンスの良さとが素敵な相乗効果を生み出し、雰囲気のある隠れ家のようなお店です。

お店のキッチンは業務用のコンロやシンク台が使われているのですが、一般の家のキッチンに参考になるところが沢山あります。センスの良さを感じさせる場所があちこちにあるので、何度見せてもらっても楽しく発見のあるキッチンです。まず、シンクの前の壁にある細長い小窓が可愛い。ちょっとだけ廊下からこっちが、こっちから廊下が見えることの意外性がいいですね。その上に、ちょうどよい高さで奥行きが深すぎない棚にコーヒーカップなどを収納しています。気に入ったカップ金継をして使われていました。金継ぎは、欠けたり割れたりした器に新しい命を注ぎ込む技法です。愛着のある器が、さらに愛着がわいてくるんです。そのコップを丁寧に使われているのを見ると、とても嬉しくなってきます。ものを大切にされている人だなと思うのです。ちょっとしたことをキッチンで見つけて、その人や家族を知ることが、楽しいです。

お店のキッチンって、普段は見慣れないので興味津々です。どんな風に美味しいものがそこから生まれてくるんだろうかという興味もあります。ジャムは、別に加工場がありそちらで作っているので、こちらはカフェのキッチンです。コンロは、業務用のガスコンロでした。家庭用とは安全装置等の違いがあります。業務用ガスコンロは五徳のごつさがかっこいい。最近の家庭用のガスコンロは、シンプルな美しさでとにかくお掃除やお手入れのしやすさに力を入れています。個人的にはとても助かるのですが、このかっこいい五徳を使いこなすこと自体が料理人という感じが強調されていて、かっこいいです。ガスコンロとオーブン全てが一体化になっています。そしてガスの炎を見ながらの料理は、五感を働かせやすい。炎が見えるからか…(?)感覚を大切にしながら料理ができると思います。

ガスコンロを大きくカバーできる箱の中に、見慣れぬ換気扇が付いていました。これも業務用の普通の換気扇らしいです。形も可愛いなぁと思ってみていたのですが、後日ラーメン屋さんに行ったところ同じ換気扇でもっと大きなものが付いていました。本当に普通の業務用の換気扇なんですね。おしゃれなジャムやさんだと、この換気扇すらとても可愛いものに思えたのです。可愛い普段使いのお鍋も、インテリアの一部になっているんですね。


新じゃがと新玉ねぎは、丁寧にお家の中で干されていました。高い天井ではファンが回っていて、お部屋の中は気持ちいい風が流れていました。冬は薪ストーブの温もりが迎えてくれそうです。

日本ではあまりなじみがないのですが、海外のキッチンではよく見かける、マグネットに包丁をペタッとくっつける方法で収納していました。包丁以外にも、くっつくものは何でもくっつけているところが面白いですね!また、お料理の道具をどこに収納したらいいですか?と聞かれることがあるのですが、写真の下に見えるヘラや泡だて器、お箸や木のスプーンはキッチンポットのような入れ物に突っ込んでおくと、とても便利です。見せる収納が好きな方には、お勧めの方法です!お鍋のふたの収納方法も参考になりますね。

オシャレなお花があるだけで素敵な空間ができあがります。地元の人の農産物直売所で売っていたそうです。ここにも、センスがきらりと光っていますね。

ひとつひとつ職人さんが丁寧に作っている銅のお鍋は重くてしっかりしていて、深く使い込んだ良い色になっていました。持つところも手に馴染み、しっくりときました。ジャムは銅鍋で作ると良いらしいです。でも、これは小さいので違うことに使っているのでしょうか。


色々な椅子とクッションを並べたテーブルサイド。外にはブドウの葉っぱが茂っています。素敵な午後の時間を過ごせそうな空間です。ブドウの葉っぱは、夏は生い茂り冬は落ちてくれるので日差しをカットしてくれるのにはありがたい存在ですね。しかもブドウの実が付いてるのを見てしまいました!収穫もできるので楽しみですね。

商品ケースの中にも、外にもたくさんの種類のジャムが並んでいました。この果物の組み合わせがこんなに美味しくなるなんてっていうものもあります。スパイスを入れたジャムがこんなに美味しいなんてと感激しました。だからアリムナさんは少し魔法をかけているのだと思うくらいです。イマジネーションに感性が豊かで、そこに確かな味をしっている舌をもつ料理人なんだと思います。たくさんの種類の中から選ぶのはとても難しい… 

贈り物にも喜ばれること間違いなしです。(箱代は別途必要です)

alimna

今回は、美咲町にあるジャム屋のalimnaさんにお邪魔してきました。ありがとうございました。


2015年6月取材

  • 岡山県久米郡美咲町
  • 金曜日と土曜日のみ開いています。
  • 詳しくはHPで確認してください。

Back to Kitchen × 旅